和太鼓暁さん(東京都)が来社されました!
今年、プロ活動を開始されます。

和太鼓暁さんが来社.jpg


弊社でおつくりした衣装をかこんで。
和太鼓暁さんは、前列お二人、後列右お二人。
後列左は弊社衣装スタッフ三人です。




楽しい時間でした。
そして、スーツ姿でもわかる、胸板の厚さと腕のたくましさ!


この写真にはうつっていませんが、袴もおつくりしています。
上下の衣装を着用したアーティスト写真も撮影されたそうなので、拝見するのがとっても楽しみです。


▼和太鼓 暁さんのオフィシャルウェブサイトはこちら
http://www.wadaikosyodotaka.com/drummer


<フルオーダー衣装>

和太鼓 暁さんのお衣装は、フルオーダーでおつくりしています。

フルオーダーは、うちあわせやデザイン画作成、試作など、時間も費用もかかります。
衣装制作については、こちらのページで流れを説明しています。

▼オーダーよさこい屋:フルオーダー



よさこい衣装の問い合わせもふえてきました。
よさこいシーズン、お祭りシーズンのはじまりを感じますね。 


今日は、金銀プリントとしては秀逸な柄だと私が思っているチームさんの衣装をご紹介します。


よさこい衣装舞勇会.jpg



舞勇会さんの長半天です。 金と銀が交錯しながら、炎のような、宇宙のような柄を構成しています。
版のメッシュと版下に工夫が必要ですが、よさこい屋は製版屋でもあるので、どういう版をつくれば思うようなプリント表現ができるか、最終工程を考えながら製版できるのが強みです。


形としては、シンプルな長半天ですが、色のくみあわせ、生地素材の組み合わせ(光沢のあるサテン、光沢のないアムンゼン、シボや落ち感のあるちりめん)、そして、プリント柄。これらが同じイメージのもと、効果的に組合わさると、オーダー品として最大限の効果を出せるのでは、と思います。

衣装は形に凝ればいい、というものでも、柄が目立てばいい、というものでもないのでは、と思っています。

他のチームと違っていて、いかに自分達らしさを出すか、というのが、大事なポイントではないかと考えています。




▼詳しくは「プリントにこだわる」チームさんへ
はきやすく、動きやすいドドーンのすそ絞りパンツ
他の衣装ともあわせやすいし、かっこいいな、買ってみようかな、と思ったときに気になること

すそ絞りパンツ鼓太郎さんモデル2.jpg
※モデル 和太鼓鼓太郎さん(福井県)/ すそ絞りパンツ定番カラー3色


私の場合「お洗濯は?家で洗えるの?」という疑問がうかびます。
かっこいい衣装でも、メンテナンスがたいへんなのはちょっと... と思ってしまいます。

とくにパンツはよく使いますし、ジュニアチームや高校生など、まず「すそ絞りパンツ」から、というチームさんも多いので、親御さんも気になるところ。

出番の多い衣装だから、なおさら気になるお洗濯。
ということで、お洗濯の様子をご紹介します。

======================

基本的に、おうちでお洗濯していただけます。

弊社でもサンプル衣装が汚れたり、モデルさんに着用してもらったあと、社内で洗う事がありますが、このようにしています。


(1)ネットにいれる

衣装の洗濯.jpg



(2)洗濯機にいれて洗う。洗剤は漂白剤の入っていない中性洗剤を使用。

衣装の洗い方.jpg



(3)干す

衣装の干し方.jpg



以上。


つまり、普通の衣類と同じです。


すそ絞りパンツは、ポリエステル素材綿素材があり、おえらび頂けます。
どちらの素材も同じ洗濯方法であらえますが、ポリエステル素材は干すとシワものびますので、このまま着用いただけます。
綿素材は、シャンとした形がお好きな方は、アイロンをかけていただくとシワが綺麗にのびます。

この手軽さなら、お洗濯の回数が多くても気になりません。
遠方の演奏会など、宿泊先のホテルでも、洗面所やバスタブで簡単に水洗いしていただき、部屋に干しておけば翌日着用できます。(演奏旅行の多い方は、かわきやすくアイロン不要の点からポリエステル素材をおすすめします。)



フルオーダーの衣装の中には、使った生地によって毎回クリーニングが必要だったり、洗えない素材のアイテムもありますが、ドドーンの定番商品は、基本的におうちで洗えることを考えてつくってあります





※セミオーダーで、すそ絞りパンツに金プリント、銀プリントした場合、ドライクリーニング不可になります。セミオーダー、フルオーダー商品は、個別に洗濯方法をご案内しております。




▼詳しくは「すそ絞りパンツ」のページにて











人気の「すそ絞りパンツ」ですが、定番色は3色あります。


すそ絞りパンツカラバリ.jpg 

白と黒は以前より人気ですが、「えんじ」色もおすすめです。
リニューアルオープンして最初のお客さまが買ってくださったのは、えんじ色のすそ絞りパンツでした。

じつはこの「えんじ」色、ありそうで、世の中になかなかない色なのです。



裾絞りパンツえんじ太鼓.jpg

一般的に売られているゴム入りのパンツは、太鼓用に限定されているわけではありません。
お祭り全般や、よさこい、ダンスでも使えるように、幅広いお客さま層にあわせて色を選んでいます。

そうなると、黒と白が多く、あっても普通の「赤色」です。


私たちは太鼓衣装としてのパンツを考えた時、太鼓の木の色となじみやすいのは、赤よりえんじ色だと考えました。


また、衣装をコーディネートしたときに、赤色よりえんじのほうがあわせやすい、というのはドドーンスタッフの実感。


黒も白も重宝しますが、華やかさをプラスしつつ、着回ししやすい「えんじ」の「すそ絞りパンツ」はおすすめです。


【色の豆知識】

ドドーンの太鼓衣装の色.jpg

※出典:「日本の色 世界の色」

衣装には、一般的にわかりやすい「えんじ」と色名をつけていますが、ドドーンの衣装の色は「茜色」(あかねいろ)にちかい濃い赤です。

茜色とは、茜草の根で染めた暗い赤色のことです。茜色は夕焼けの空の色の表現につかわれますね。実際の夕焼けより、暗めの赤ですが。

日本の伝統色の名前を和名で知ると、不思議と色の光景が目に浮かびます。




▼ご注文は「すそ絞りパンツ」のページからどうぞ



股引が汗でくっついてぬぎにくい

太鼓奏者さんからおききした話です。


ワンステージで何曲も演奏すると、衣装がえもありますね。

「メンバーの着替えをステージでつないでて、なかなかでてこないと思ったら股引が汗でくっついて脱げなくて」


ああ、そうなんだ...何かいい方法はないかな? と、ひらめきました。


股引はステージ最後の衣装にして、先に着ているのは脱ぎやすい「すそ絞りパンツ」はどうか、と。
股引きの脱ぎ方.jpg



ドドーンのすそ絞りパンツは、ゴムのウエストで、おしりや太ももまわりもゆったりしているので、汗をかいてもスルっとぬげます。


すそ絞りパンツは太鼓に最適.jpg




ストレスなく、演奏に集中できて、いいステージになりますように。


▼ステージ途中の早替えにおすすめの「すそ絞りパンツ」はこちらから。




オリジナル太鼓衣装ドドーンの大人気アイテム「すそ絞りパンツ」。
以前から人気でしたが、リニューアル後もその人気はかわらず。

理由は「はきやすさ」「動きやすさ」「形のよさ」と三拍子そろっているから。


すそ絞りパンツイラスト.jpg


しぼられたすそは足袋(たび)にいれることもできます。
さらにスッキリデザインに。


すそ絞りパンツイラスト2.jpg


好きなスタイルが楽しめます。
上着にあわせて、かえるのもよいですね。


実際の着用はこちらの写真。

すそ絞りパンツ着用.jpg

定番色はこちらののほか、えんじがあります。


▼詳しくは「すそ絞りパンツ」のページで




立ち衿半天のデザインを特徴づけるのが、ファスナーです。
「逆開ファスナー」といって、上からも下からもあけられるようになっています。


立ち衿半天ファスナー着用例.jpg

上のように、ファスナーの使い方をかえるだけで、衣装の着方にバリエーションが出ます。

立ち衿半天ファスナー例.jpg



ファスナーはドドーンの「立ち衿半天」のためにサイズ別に特注しているオリジナル品です。

また、通常のファスナーより、できるだけ薄いものにしています。
前を開けて着用してもファスナーが邪魔にならず、重さを感じないように考えました。


立ち衿半天は、他のアイテムとコーディネートしやすい衣装です。

立ち衿半天ファスナーコーデ.jpg

「たれ」を重ね着し、ファスナーは下の部分を少し開けています。


太鼓を打つ動きにあわせて、下からチラリとみえる「たれ」が、大きな動きと華やかさを増してくれます。


手持ちのお衣装とあわせてみるのも、楽しいと思います。


立ち衿半天は、生地が2種類あります。
綿生地とポリエステル生地です。

立ち衿半天は6色のカラーバリエーションがありますが、それぞれ何の素材かといいますと...


綿生地でつくった立ち衿半天は、「えんじ」「」「白×紺」の3色です。

立ち衿半天綿番号順2.jpg


また、ポリエステル生地でつくった立ち衿半天は、「」「」「白×紫」です。

立ち衿半天ポリ番号順.jpg

▼快適な着心地と自然な風合いの「綿」生地

しなやかで通気性吸湿性が高く、肌ざわりがよい。透けにくく、静電気がおきにくい。
着込んでいくごとに味わいが深まり、体に馴染みます。

綿オックス生地2.jpg


▼なめらかな光沢が舞台映えし、お手入れも楽な「ポリエステル」生地

軽くて着心地も良く、さらっとした肌あたり。 シワになりにくく、速乾性が高いのでお手入れが楽。ステージが続いても安心です。

型崩れしにくく色落ちや縮みがありません。虫やカビにも強く、耐久性が強い生地です。
吸湿性が低いため、着用の際は汗を吸い取るインナーを着用することをおすすめします。

アムンゼン(ポリエステル)生地2.jpg


黒の衿部分は、光沢のある「サテン」生地を使用しています。

サテン(ポリエステル)生地2.jpg





これまでの傾向ですと、綿素材は「これまで着ていたハッピが綿だから」という方が多いです。

ポリエステルは洗濯してもしわになりにくく、お手入れが楽なので、好まれる方が多いです。



衣装をえらぶ基準のひとつとして、参考になさってください。



▼立ち衿半天 のページはこちら



立ち衿半天は、定番カラーとして6色のバリエーションをご用意しています。


立ち衿半天6色展開480.jpg

立ち衿半天6色レイアウト.jpg






落ち着いた色でありつつ、ステージで華やかさも演出する色の組み合わせを考えました。


お好きな色をおえらびください。

チームでそろえてもよし、6人バラバラの色にしてもよし、です。


また、素材は綿素材とポリエステル素材があります。

詳しくは次のブログでご説明します。



▼立ち衿半天 のページはこちら
太鼓をうつときの、高く腕をふりあげる動作。


太鼓奏者ドドーン.jpg

モデル撮影協力:和太鼓鼓太郎さん(福井県)


この動きを邪魔しない、袖口のきれいな「あき具合」をみつけるまで、さまざまな太鼓奏者さんに試着をお願いし改良をかさねました。



太鼓奏者の腕2.jpg

細部にこだわることは、全体のクオリティをあげると思っています。

みなさんのよい演奏につながるよう、これからも改良をつづけます。



▼オリジナル太鼓衣装ドドーン の衣装:うごきやすさの秘密

カテゴリ

ウェブページ

株式会社 横山工藝
〒918-8051
福井市桃園2-1-40
TEL:0776-36-6720
FAX:0776-36-6750