2012年10月アーカイブ

今日はハロウィンということで、女子スタッフが朝からゴソゴソと...


おみえになったお客さまに、ハロウィンのお菓子をプレゼント。


ハロウィンin横山工藝2.jpg


昼休みの楽屋裏(笑)。


ハロウィンin横山工藝.jpg



出番をまっております(笑)。いやいや、お菓子でくつろぎました。

オーダーよさこい屋と太鼓衣装屋ドドーンでは、よさこ姫&よさこい王子を募集しています。
太鼓部門もありますし、よさこいに限らず全国各地のお祭り、踊りでのみなさんの様子をお写真でエントリーしていただけます。



よさこ姫よさこい王子コンテスト.jpg




ただいま絶賛受付中。本日、封書でお写真とエントリーシートをうけとりました。
ありがとうございます!
他にも、メールでエントリーも頂いておりますよ。

メールでお写真データを添付していただいても大丈夫ですので、詳しくはこの記事の最後にあります、応募要項をごらんください。



オーダーよさこい屋と太鼓衣装屋ドドーンで衣装をおつくり頂いたチームさんなら、どなたでもエントリーできます。(今年に限らず、今までおつくり頂いた衣装でももちろんOKです)

ちなみに2012年のカレンダーを飾っていただいた、第3回よさこ姫&よさこい王子のみなさんはこちらの方々です。



よさこ姫よさこい王子受賞者.jpg


応募要項は以下の通り。ふるってご参加くださいね。




弟4回よさこ姫・よさこい王子募集中


     【応募要項】

 


<応募期間> 平成24年11月15日まで

<募集内容>【姫部門】女性を1人、または2人で撮影したもの
      【王子部門】男性を1人、または2人で撮影したもの
      【チーム部門】チーム(3人以上)にて撮影したもの
      【太鼓部門】個人、チーム問いません。演舞の様子を撮影したもの

<応募資格> オーダーよさこい屋、オーダー太鼓衣装屋ドドーンで衣装をおつくり       いただいた方
      (よさこい、太鼓、ダンスなど)

<応募方法> 郵送またはメールにて 携帯でのご応募も可能です。
       出来る限り高画質でお送りください。

<入賞について> 【大賞】全部門中1名様
          カタログ表紙掲載 & よさこ姫カレンダー(20部)
         【準大賞】各部門から数名
          カタログ掲載 & よさこ姫カレンダー(10部)

<結果発表> 平成24年12月下旬
       オーダーよさこい屋ウェブサイトにて


 申込書(PDF)はこちらからダウンロードできます





▼よさこ姫・よさこい王子 コンテスト(太鼓部門もあります)


よさこい屋のスイーツ部門よさこ庵(笑)では、お客さまにお出ししているお菓子をご紹介しています。

今日は不定期にお目見えする副社(母)の和菓子。てづくりなので、とても美味しいです。
今回の和菓子は、季節が秋なので栗饅頭、栗しぐれ、中に栗あんが入った物など栗が主役です。


副社の和菓子2.jpg


私もほっと癒されました。

あ、スタッフはるくまにお抹茶をたててもらったらよかったな〜。

みなさまも秋をお楽しみくださいませ。



先日、1通のハガキがとどきました。
今日25日、NHKの「あさイチ」で...『佛谷山の護摩とイヌなど』が放映されます...というご案内。

小豆島にある保安寺さん、佛谷寺さんは、島遍路88カ所の四十番、四十一番札所。お遍路さんに人気のてぬぐいを、以前制作させていただいたのでした。

小豆島お遍路手ぬぐい.jpg


小豆島は一度いってみたい場所です。
番組ではじめて知りましたが、こちらのお寺は洞窟の中にあるんですね。


小豆島お遍路あさイチ.jpg



小豆島は太鼓の衣装をおつくりしたチームさんもいらっしゃるので、なんだか身近に感じる店長&スタッフです。

そちらもまたご紹介させていただきます。



▼オーダーよさこい屋 小物(てぬぐい)

▼オーダー太鼓衣装屋ドドーン(てぬぐい)


一丸天舞さまより、よさこい演舞のお写真を頂きました。
地元、鹿嶋市のお祭りで披露されたそうです。

一丸天舞_演舞.jpg



今回は代表のお父様が描かれた、迫力ある絵を大旗の図柄として使いたいとのことでしたた。
背景はご希望のデザインイメージを頂いて、よさこい屋でおつくりしています。



一丸天舞_よさこい旗.jpg


筆ののタッチ、色の濃淡がそのまま表現され、力強さをあたえてくれますね。



一丸天舞_大旗.jpg


2009年におつくりした大旗も舞ったとのこと。
一丸天舞さま、ありがとうございました。

▼2009年大旗

▼よさこ姫 2010年姫部門準大賞 一丸天舞ジュニア姫さま

▼一丸天舞さま 2008年お衣装

本日の地元福井新聞に、横山工藝が掲載されました。
オーダーよさこい屋と太鼓衣装屋ドドーンの、オリジナル性が高い衣装づくりについて、取材していただきました。


横山工藝福井新聞記事.jpg


衣装を着てお見せしているのは、スタッフ達です。

実は先週、記者の方が取材にいらしてました。

横山工藝製版.jpg


記者の方も、製版の現場をみるのは初めてとのことで、興味深げにみていらっしゃいました。
こちらの写真は広幅の生地へプリントするための、大きな型(版)をつくっているところです。


みなさん、工場をみられると、そのアナログさに驚かれるとともに、楽しそうに見受けられます。

現場の職人、そして繊維産地のここ福井に支えられて、今日も衣装づくりがんばります!





実は3年ほど前、一時期仕事ができないほど体調を崩したことがありました。
原因不明で病院を何軒まわっても解決、回復しない日々。


あることからふと判明。
化学物質過敏症、でした。日常生活のあらゆる化学物質に反応します。

その過程はあまりにも長いので語る事はできませんが、引っ越しをし、問題のない素材でリフォームをし、仕事場の環境もかえ、身につけるもの、置いてあるものすべて見直して、日常生活をできるまで回復しました。

今は外出もできるようになりましたが、それでも突然何かをあびて反応がおきるので、曝露をさけるため持ち歩いているものがあります。それがこちらの織物。


ダッカの霧.jpg


たまたま山口智子さんの本でも紹介されていたのですが、オーガニックコットンのショールです。
こちらを織られた方と、昨年幸せな出会いがあり、私の状態をみてその日つけていたショールをくださったのでした。その場の空気が自分にとってよくないと思ったとき、このショールで吸い込むのをふせぎます。


そして、もうひとつ、地元福井で和紙織物をつくられている方ともご縁を頂き、工場に何度かうかがったことがあります。今ではとても手間のかかる糸の作り方をされていて(織物の中には天日干しにするものも)微量のにおい(成分)に超敏感な私でも全然問題のない素材。生地をわけて頂いて、つくったのがこちら。


キュアテックス和紙織物2.jpg


腕を通せばボレロ風カーディガンに、首にまけばストールになります。
外出時、あぶないとおもったら鼻まですっぽり(苦笑)。

こちらをつくったのは4年前になりますが(もともとアトピーと言われていたので)、その後、宇宙飛行士がはく靴下に採用されたそうです。和紙織物は吸湿性も保温性もよく、空気を含むのでとてもあたたかい上、においもふせぎます。ときどきひどい場所に行ってしまうと、逆に織物が吸い込んでしまうので、その後すぐに洗濯が必要ですが、私のような症状をもつ人には貴重なものだと感じています。


私は幸い、繊維に関係する仕事をしているので、出会いを頂く機会も多いのだろうと感謝していますが、自分が被験者にもなれる分、いい素材、そしていい染色(プリント)ができないだろうかと、常々頭の隅に残っています。

きっとこれは私のライフワークになるだろうと思いつつ、少しずつすすめられたらなあと思っています。



▼化学物質過敏症支援センター
よさこい屋の地元、福井で毎年行われる夏のお祭りは「フェニックス祭り」といいます。
そこで開かれる「YOSAKOIイッチョライ」のDVDを頂きました。


YOSAKOIイッチョライ.jpg

今は少しだけ、今年の夏をふりかえられる時期。

週末はDVDをみて、楽しみます。


いろんなチームさんからお写真やDVDを頂いています。
また少しずつ、ご紹介させていただきます!

10月14日(日)に、書 ARTIST 吉川壽一先生が主催されている「すくすく学生書法展」の表彰式が行われました。
今年は副賞として、吉川先生の直筆「元気」の横に、受賞された作品がひとつずつ入ったオリジナルカレンダーが贈呈されました。

横山工藝にて、カレンダーに1点ずつ作品をプリントをさせて頂きましたよ。

吉川壽一すくすく書法展副賞1.jpg


今回は先生の書が入っていたので、少々緊張気味のスタッフ。


すくすく書法展カレンダー.jpg


弊社もお題を出しておりました。
それがコチラの文字。


すくすく書法展お題3.jpg


このお題で入賞された方は左の文字。力強くて、美しい書ですね。


毎年、どんな副賞にするかオリジナルグッズを考える吉川先生。
子ども達も嬉しいでしょうね。

私たちも楽しみな書法展です。






よさこいや太鼓のチームさんは、本番や記念のお写真を撮影することも多いですよね。

私たちもみなさんに衣装をお渡しする前に、確認も兼ねて撮影させて頂いています。
また、実際にお祭りに行って撮影させて頂くことも。
どちらもその日しか撮れない、貴重な写真です。


が、やってしまいました。
スタッフで共用しているカメラのSDカード、突然よみ込まなくなったのです。
ひえええ〜と青くなりながら、おつきあいのあるデータ復旧会社さんへ依頼。どうかとりだせますように!と祈りつつ...  

そして結果が。

データ復旧.jpg



ううう、ありがとうございますっ(涙)。

知り合いのライターさんからは

「撮影したデータは、撮影した人がその日のうちにすいあげるのが鉄則ですよ。SDカードにも残しておいて、自分のパソコンや共有フォルダにいれてください。」


はい、早速そのようにいたします。

昔、HDDを壊してからは、自動でPCのバックアップをとっているのですが、SDカード...抜け落ちてました。
版下データ等は、その都度現場スタッフが保存しています。基本的に弊社ではデータは5年間管理しています。
(型や生地は別ですが)

増える一方のデータ、管理&整理を徹底します。



▼お世話になったデータ復旧サービス「エムディエス データリカバリーセンター」


↑おすすめです。
最近、副社(母)がハマっているのは、和菓子づくり。
先日、できたてが届きました。


よさこい屋のお菓子.jpg


てづくりの和菓子はなかなか食べられないですし、自然な味でとても美味しいです。

私が気に入ったのは、左下の水まんじゅう。中はカシス餡なんですよ。さわやかで、甘酸っぱくて、もっとたべたい〜と思う味でした。


タイミングがあうと、お客さまにもお出ししています。
(美味しいものは、美味しいうちに、というのが母の信条で、作り置きをしないのです...。)


ものづくりのこだわりは、母からも影響をうけている気がする店長です。





味浜太鼓保存会のSさまより、嬉しいお写真を頂きましたので、ご紹介いたします。


味浜太鼓2.jpg


つくられた衣装は、裾(すそ)絞りパンツです。
ハッピとあわせられて、ぴったりですね!お祭りでしょうか、華やかな雰囲気が伝わってきます。

パンツはその名のとおり、裾をしぼったパンツで、ウエストはゴム仕様、もものあたりはゆったりしているので、このお写真のように足をひらいてもラクラクです。
しぼった裾は、こちらのように足袋の中に入れてもよいですし...




味浜太鼓1.jpg


上の右側の方のように、そのまま靴の上に出してはくことも出来ます。
どちらもシルエットはきれいに保たれていますよ。


味浜太鼓保存会さんは、左側に大きく「味浜」とプリントされました。
とても目立っていますね。
(※柄によってはプリントができない場合もございます)


味浜太鼓保存会さん、ありがとうございました!



▼太鼓衣装屋ドドーン 裾(すそ)絞りパンツ

以前、弊社をたずねてきてくださったアーティストのサトウリツコさんが、10月12日(金)〜18日(木)浜松市の「ギャラリーまるまるわ」さんで個展をひらかれています。


サトウリツコ展.jpg


そして、それらの作品をプリントしたTシャツも販売されていますよ。
そのTシャツを、横山工藝でおつくりしました。

サトウリツコTシャツ.jpg


サトウリツコさんの筆のタッチそのままに、Tシャツがキャンバスです。

サトウリツコTシャツ2.jpg



こちらは薄い水色と赤いTシャツにプリント。
赤Tシャツに通常のインクジェットプリントをすると、生地の色が影響して白Tシャツと同じ画像でも、このような感じになります。

以前試しにつくったところ、「欲しい!」という声が多かったそうで、今回あえて赤Tシャツにもプリントされました。

どちらも長袖Tシャツですので、これからの季節にも活躍しそうですね。
お近くの方はぜひギャラリーへおたちよりくださいませ。


▼サトウリツコさんのブログでもご紹介頂きました。

▼ギャラリーまるまるわ さん

http://www.marumaruwa.com/gyallry/marumaruwa_gallary.html

先日よりうきうき♪な、弊社工場長...理由はコレです。

横山工藝工場長.jpg


今月60歳をむかえるT中工場長、いきなりのスマホデビューです。

朝晩イヤホンをつけながら、鼻歌まじりで出勤&退社。
なんだか嬉しそうなので「ちょっとiPhoneの写真とらせて」といったら、装着してはりきってお仕事してくれました。


横山工藝工場長ぬりこみ.jpg


あ、ちなみに、コチラはプリント用の型をつくっているところです。

新しいおもちゃを手にしたT中工場長、
まさに「NO MUSIC , NO LIFE」♪。



爽やかな秋晴れの日が続いていますね。
最近、弊社の玄関先は、このような感じでマリーゴールドがわんさと咲いております。


マリーゴールド玄関2.jpg

左の写真が、現在の玄関先です。まだまだつぼみもいっぱいついています。

右の写真は、6月のもの。
私の従姉妹が種まきして育てた苗を届けてくれて、植えたときの様子です。


暑い夏をこえても、まだまだ勢いがありますよ。



朝、世話をするたびにパワーをもらっている店長でした。


本日の日本経済新聞【北陸版】に、立ち衿半天を着用した「天馬」さんの写真とともに、オーダー太鼓衣装屋ドドーンとよさこい屋が紹介されました。


日本経済新聞横山工藝2.jpg


長年、弊社が繊維染色に携わってきた技術を、ものづくりにいかしているという取材でした。

記者の方には、詳しく取材していただきました。

これをはげみに、オリジナルオーダーの衣装づくりをスタッフ一同がんばります。


▼天馬さんの衣装はコチラでもご紹介しています





このアーカイブについて

このページには、2012年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年9月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

株式会社 横山工藝
〒918-8051
福井市桃園2-1-40
TEL:0776-36-6720
FAX:0776-36-6750