2013年7月アーカイブ

夏休みに入りましたね〜。

暑さと忙しさでちょっとバテ気味。でも、そんなとき力が出るのが糖分補給〜。
今回の副社のおやつは、2種類のドーナツです。

副社お手製ドーナツ.jpg


お砂糖と、きなこ味。私はきなこ味が大好きで、
あっというまにぺろりでした。

タイミングよくいらしたお客さまにもおすそわけ。


さあて、ひといきついたし、がんばりま〜す。


先日、演奏時のお写真を頂きましたので、ご紹介いたします!

帝京大学和太鼓愛好会3.jpg


お袖は、太鼓がうちやすい五分丈です。

帝京大学和太鼓愛好会4.jpg

衿には「蒼蔦」の文字が入っており...

帝京大学和太鼓愛好会1.jpg


背中には「月」と「波」柄が入っています。
座って演奏するときにもいい位置に来ていて、ほっとしました。


帝京大学和太鼓愛好会2.jpg


太鼓を打つ姿はいいですね〜。



帝京大学和太鼓愛好会 蒼蔦さん、本当にありがとうございました。
頂いている追加制作のご依頼もありがとうございます。
できあがりまで今しばらくお待ちくださいませ!


ミケランジェロ展に行って来ました。


ミケランジェロ展福井県立美術館.jpg


私はルネサンス期が好きです。

石膏デッサンが好きだったからか、たくましい体の石膏が好きだったのかはわかりませんが、あの彫刻類が大好きです。イタリアでみた数々の像の中でも、ウフィッツィのダヴィデ像は若々しく存在感があり、まるで魂が入っているようで、強烈に印象に残っています。


あまり前情報も持たずに行ったので、何が来ているのかわからなかったのですが、行ってみるとミケランジェロのデッサンがかなりありました。


おもしろくて夢中でみていました。混んでいたので、何度も最初に戻って見返したほど。

ミケランジェロの描く線は、今までみたいろんな画家のどのデッサンより私好みでした。

なめらかで、力のいれぐあい、ぬきぐあいのリズムが自分と重なる気がして、「おお、ミケランジェロさん友達になれる」と勝手に思って見てました(←巨匠に言いたい放題ですよ)。陰の濃淡がとても美しいデッサン。ミケランジェロが何を気にしているのか、どこを強調したいのか、その意図が伝わってきて、16世紀にかかれたのに、まだそこにエネルギーがあるようでした。


建築の図も、ドアのイラストも、柱のデザインも、気難しそうなミケランジェロの描いている姿が浮かぶほど見ていて楽しかったです。そして、「レダの頭部」は、ほんとにきれいでした。一番熱を感じた習作でした。


見終わってから、この思いをとどめておこうと、ショップで図録をみたのですが、全然伝わってこない。平面すぎて、濃淡もわからなくて、熱も感じない。


本物を見るって素晴らしいと思いました。作品との間でやりとりがある。

今回私の波長はばっちり合ったらしく、大興奮で美術館を後にしました。



多分いろいろ作品はあったと思いますが、デッサンしか印象に残っていない私。

楽しみ方は人それぞれなので、いいのです。

こういう本物が、地方の美術館にもたくさん来てくれるといいな、と感じた週末でした。



▼福井県立美術館 ミケランジェロ展

http://info.pref.fukui.jp/bunka/bijutukan/michelangelo/outline.html

お茶ノ子祭々さん(静岡県)のよさこい衣装をご紹介します。
男性は紺色、女性はえんじ色のあわせ半天から、
見せ場ではきれいな緑色の半天にはやがわりする衣装です。

お茶ノ子祭々よさこい早脱ぎ衣装.jpg

裾はカーブ型、後ろ見頃にはシルバーで手書きのロゴをプリントしました。


お茶ノ子祭々yosakoi早脱ぎ衣装.jpg


一番外側の半天を一瞬でぬぐと、
目にもあざやかなグリーンの半天があらわれます。

お茶ノ子祭々よさこい早がえ衣装.jpg


迫力ある手書きのロゴは、先輩から受け継がれたもの。
袖の繊細なプリントも、みなさんのデザインです。



お茶ノ子祭々よさこい早替え衣装.jpg

お茶ノ子祭々さん、ありがとうございました!


▼よさこい屋の早替え衣装はコチラから
quickchange_bn.jpg




おとぎさん(京都府)の和太鼓衣装をご紹介します。

おとぎ女性用太鼓衣装.jpg

こちらは女性用です。

袖なしハッピ(半天)は、やわらかな落ち感のあるちりめん素材(白生地)に、
ジャガード織の生地(えんじ色)を組み合わせました。

ジャガード織は、生地に絵柄が浮き上がるような織り方で光沢があり、
ちりめん素材とともに、高級感がありますね。

和柄の帯をあわせ、パンツはブーツカットラインで
すっきりとしたスリムな印象の衣装です。


そして、男性用の和太鼓衣装はこちらです。

おとぎ太鼓衣装.jpg

同じく白生地はちりめんです。
右前身頃は、女性のえんじ色のジャガード生地の色違いで黒を使用、
あわせたパンツは、裾絞りパンツ脚絆付きです。


おとぎ太鼓衣装ちりめんにプリント.jpg

プリントも得意な太鼓衣装屋ドドーン。
ちりめん素材にも、綺麗なプリントがいれられます。

こちらはチーム名「おとぎ」とプリントしました。


男女で異なるアイテムを使いながらも、同じ生地の色違いや
プリントで統一感のある衣装。とても上手な組み合わせだと思います。


おとぎさん、ありがとうございました!


item_sodenashi.jpg



連日お衣装のお届けが続いているよさこい屋です。
今年もいろんなお衣装が、日々できあがっております!
そんな中、

「もう、今から注文しても、間に合わないですよね...」

という切羽詰まった声のお電話が
時々かかってくるんです。


間に合うものなら新しい衣装で祭りに出たい、という
チームさんの気持ちがひしひしと伝わってきて...。
「なんとか、つくってさしあげたい」とスタッフ達。

そこで、わたしたちもできるところまでがんばろうと
スタッフを増員し、体制をもう一度みなおしました。


衣装の内容によりますが、
イージーオーダーは、少々おうけできそうです。

(フルオーダーは9月よりうけつけです)


納期と人数、予算、ご希望の衣装内容をお知らせください。

(※内容と依頼チーム数により、難しくなる場合も
 ございますのでその際はご容赦くださいませ)


▼お問合せはコチラから
ask.gif

もう、とりあえず電話だ!という方は

0776-36-6720(代) へおかけくださいませ。




7月になり、よさこ姫カレンダーはしゃんしゃん傘踊りの「我龍天晴」さん
(鳥取県)になりましたよ。飾っている玄関も夏らしい雰囲気です。


我龍天晴さん.jpg

みなさん、とってもいい笑顔!
楽しさが伝わって来ます。

今年の夏も、こんないい笑顔がいっぱい
全国にあふれているんですね。

お祭りっていいですね〜。


我龍天晴さんのお衣装は、オリジナル柄のグリーンの
両用半天、そしておそろいの旗をお持ちです。

統一感ばっちり。
そして、傘の華やかさともあいまって、とても綺麗なんです。


我龍天晴さん、今年もたくさん踊ってくださいませ!



▼両用半天はコチラ
ryouyou1_yosakoiya.jpg



7月になりましたね。例年、石川県の方から、頂く氷室饅頭。
無病息災&夏バテしないよう、スタッフみんなでいただきました。


氷室饅頭ともみじ饅頭.jpg


そして、有名な「もみじ饅頭」は、スタッフさおくま(竹下)の広島ミヤゲ。
週末、旅行にいったそうで。

甘いものチャージして、この夏もがんばりま〜す!





このアーカイブについて

このページには、2013年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年6月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

株式会社 横山工藝
〒918-8051
福井市桃園2-1-40
TEL:0776-36-6720
FAX:0776-36-6750