2015年4月アーカイブ

大河ドラマである武将が着ていた衣装からインスピレーションをうけ、濃淡をつけた大きな渦を柄にした衣装をつくりたいと相談されました。

oga-yosakoi3.jpg


男鹿海神さんのイメージを元によさこい屋が制作した柄は、すこし青みがかかった薄墨で実物大の渦を大きな和紙に描き、それを衣装にレイアウト。濃淡やにじみもそのままにプリントしました。


oga-yosakoi1.jpg


重ね着をしているようにみえる衣装は、軽さと踊りやすさを重視して、一体型で開発したよさこい屋オリジナルです。


oga-yosakoi2.jpg


男鹿海神さん、お写真をありがとうございました!



和太鼓衣装は専門店「オーダー太鼓衣装屋ドドーン」でご依頼いただけますが、元はよさこい屋にもご注文頂いていましたので、そちらからのご依頼ももちろん可能です。

サイトリニューアルをした際にも、和太鼓衣装のページは専用でおつくりしていますよ。


和太鼓衣装つくります.jpg

和太鼓だけでなく、ダンスやよさこい以外の地域のお祭り衣装の制作アドバイスもしています。


和太鼓やダンス衣装.jpg

上の「天馬さま」のように、お祭りによさこいチームと一緒に出場される太鼓チームさんも増えて来ましたね。
よさこいチームの衣装とあわせつつ、太鼓らしい、動きやすい衣装がおすすめです。


ページの下にいくと、「太鼓・ダンス・よさこい以外の衣装」をおつくりした、チームさんのご紹介ページが一覧でみられるリンクがありますよ。

太鼓ダンスよさこい以外の衣装事例.jpg


よさこい以外の衣装事例は、よさこいチームさんがみると新しい発見があったりします。
また、旗師さんや口上の方が参考にされることも。


ぜひ一度のぞいてみてくださいね。


チーム構成を参考にする【太鼓・ダンス・よさこい以外】



自分達でオリジナルの衣装をオーダーしようと思ったとき、参考に他のチームさんの衣装をみたり、知り合いのチームさんに聞いたりしますよね。

でも、実は、チームの事情ってばらばらではないですか?

たとえば、自分達は子供から大人までいるファミリーチームだけど、いいなあと思う衣装のチームは学生チーム、だったり、自分達はメンバー10人だけど、いいなあと思っているの衣装のチームは80人の大人数チーム、など。あんな衣装がいいなあと思うのは自由なのですが、たとえば子供にはおどりにくい形だったり、そこまでつくると少人数では予算があわなかったり...。せっかく衣装の形がおもいえがけても、修正しなくてはならないときがあります。


そんなときは、自分達のチーム事情と同じチームさんがどんな衣装をつくっているのか、わかったらうれしいと思いませんか?

私はずっと、そんなページがあったらとってもわかりやすいだろうなあ、よりリアルにアイデアがまとまるなあ、と思っていました。
なので今回新しくなったサイトにご用意しましたよ。


「チーム構成別衣装事例」です。

よさこいや太鼓の衣装チーム構成.jpg

本サイトはコチラのページ

それぞれクリックすると、衣装制作スタッフからのアドバイスがかかれています。
たとえば、「ファミリーチーム」さんへのアドバイスだと

================
一家で家族分を作らなくてはいけない方には、価格をおさえた提案をします。

ハチマキや帯などお客様のチームで作りたい方には、共生地 (ともきじ・衣装と同じ生地)を準備します。
ご予算のないチームで、上着やパンツ以外を自分たちで作る方には、小物などのアイテムのご相談に応じています。主にミシンや裁縫が得意なママがいらっしゃるチームからのご注文にお応えしています。
ファミリーチームさんの衣装を作る際、オーダーよさこい屋は次のことに気を配っています。

着やすい、脱ぎやすいをモットーに

ファミリーチームさんは子供自身で着たり、世話が必要なため、短時間で簡単に着られるものを望まれます。子供が一人でも着られる、親が着せやすいもの、子供が長く着ていても着くずれないものを考えて衣装を作っています。

サイズ展開を広く。裾(すそ)上げして長く着られる工夫を

110センチ、130センチ、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズと作っています。例えば100センチの子供は110センチ衣装で裾(すそ)上げを、120センチの子供は130センチ衣装で裾上げをすれば、身長が伸びても着られます。大きめのサイズ展開で裾上げすることをおすすめしています。

生地は軽くて洗濯が楽なものに

ポリエステル生地は洗濯してすぐに干すとシワになりにくいです。そしてなにより軽く、踊りやすいです。

傷つきやすい生地は避けます

子供はじゃれあって破いたり、ひっぱったりするもの。そのため破れやすい、傷つきやすいサテン生地の使用を場所によっては控えた提案をしています。

●ロゴやマークをプリントする位置を通常より高めに

子供の成長を見越して大きめに作られる方もいます。現在のサイズにぴったりのものは成長するとロゴやマークにズレがおきて、かっこよく見られません。そこで子供の身長が伸びてもきれいに見られる場所に予めプリントをしています。

================


それぞれのチーム事情にあわせたきめ細かいアドバイスをしています。

下のバナーからもいけますよ。



よさこいと太鼓の衣装スタッフからアドバイス.jpg


他にもまだまだ活用法がありますので、店長ブログでお知らせしていきますね。



昨日はなにかと「美味しいおやつを頂く日」でした。
よさこい衣装のうちあわせのお客さまから「かりんとう饅頭」を、スタッフからさしいれで「かすてら」、太鼓衣装のお客さまから「すっぱくなってください」というメッセージ付きで「はちみつレモンラムネ」。すっぱくなってくださいって(笑)思わずみんなで笑ってしまいました。


よさこい屋のスイーツ特集よさこ庵.jpg


甘いものでほっこり、すっぱいもので疲れをふきとばして、みんなでがんばりま〜す!
みなさん、ありがとうございました。


リニューアルしたオーダーよさこい屋のTOPバナーをつくるとき、両側の踊り子さんは先に決まっていました。

その間によさこい屋のミッションをメッセージとして入れたかったのですが、PC書体だとどうしても弱く、両側のおふたりに負けてしまうのです。それだけ踊る姿にパワーとエネルギーがあるんだなあと思いつつ、自分で書くことに。


よさこい屋トップ画像のタイトル書.jpg


先日、美大時代からの友人に「まんがも自分で描いたの?」といわれ、『そうそう、コストかからないしね』などと話していたのですが、もちろんコスト削減もあるし、自分で描いたほうが伝わる、という思いもありました。ただ、それだけでなく、やっていると楽しかったのです。


実は、衣装制作の仕事って、学園祭のような気分になります。仕事なのに、楽しんでいいのかしら〜と思いつつ、もちろんプロとしての高い意識はもちながら、みんなで何かをつくりあげる学園祭気分を感じるのです。サイトづくりもそうでした。タイトル書きも、まんが(衣装制作秘話)も、学園祭の準備のようにわくわくしていました。


学生のころ、マガジンハウス(出版社)に勤めていた知り合いが、「朝会社ついたら、学校にきた気分で挨拶しちゃうんだよね」と話していて、そんな風に仕事ができたらいいなあと思っていたけど、私も長い学園祭のようでちょっと嬉しいのです。


きっと、よさこい祭や太鼓のステージに立つ方も、大変こともありながらそんな楽しさがあるのだろうと想像します。そのことにかかわるすべての人が幸せになる仕事。弊社の企業理念でもありますが、それが実現できているようで、この仕事やってよかったな、と思うのです。


長い時間とりくんでいたサイトリニューアルがおわり、学園祭のあとのような気分ですが、お祭りシーズンはこれからが本番!また新たなわくわくが今年もいっぱいありそうで、楽しみです。





オーダーよさこい屋のサイトリニューアルでお世話になったWeb制作会社さんから
オープンのお祝いをいただいたのですが....


オーダーよさこい屋ケーキ.jpg


2015年のよさこい屋カタログ表紙をかざってくれた
「青森公立大学よさこいサークル影飛威sea(青森県)さんの
太耀王子」がそのままケーキに!

オーダーよさこい屋カタログ2015.jpg

私もスタッフもびっくり。

ああ、食べるのがもったいな〜い!といいつつも、みんなで美味しく頂きました。
世界でひとつのよさこいケーキ。
オーダーよさこい屋の信条そのままのケーキに感激の一日でした。






このアーカイブについて

このページには、2015年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年3月です。

次のアーカイブは2015年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

株式会社 横山工藝
〒918-8051
福井市桃園2-1-40
TEL:0776-36-6720
FAX:0776-36-6750