横山工藝ってこんな会社の最近のブログ記事

福井初!DRUM TAOさんの公演を、衣装スタッフとともに見に行ってきました。


DRUMTAO福井公演2.jpg


DRUM TAOさん、初めて生で見ました。あっという間に時間が過ぎ、ステージもすごくよかったです。


おわって会場を出ても、寒い中でスタッフの熱い衣装談義がとまりませんでした。



DRUMTAO福井公演.jpg


「フォトブックに岸野さんのサインをいただきました!」と嬉しそうなスタッフ。


友人知人にもお声がけして、DRUM TAOさんを初めて知った方も「すっごくよかった!」と満足げでした。
太鼓チームさんもたくさんみえていて、子ども達の反応もとてもよかったです。
福井は太鼓がさかんな地域なので、いろんな刺激をうけたチームさんのこれからの太鼓も楽しみです。






地元の中学2年生が、3日間職場体験にきました。
今年は初の男子、2名です。

例年女子なので衣装部門の仕事をメインで実習するのですが、今回は男子でものづくりが好きだという子もいましたので、シルクスクリーン製版の実習をメインに行いました。自分で柄をデザインし、PCで版下を作成、シルクスクリーンの製版工程を実習します。実際に各自デザインした柄の版をつくりました。最後はTシャツやバッグにプリントまでしましたよ。

職場体験シルクスクリーン製版.jpg

職場体験2日目.jpg

同じ柄で、インクジェットプリントも体験。
できあがったTシャツは、記念におもちかえり。

職場体験1日目.jpg

なかなか上手です。

職場体験3日目.jpg

最後はできあがった版で、バッグにプリント。

写真をとりわすれてしまいましたが、多色使いにして、販売しているバッグのようなできあがりでしたよ。
こちらも記念におもちかえり。

職場体験シルクスクリーン製版お礼状.jpg

嬉しいことに、お礼状がとどきました。

将来のことをちゃんと考えはじめているのが、実習中もうかがえました。
自分は将来、どんな仕事をしたいかな、こういう仕事があうのかな、といった、きっかけになるとよいなあと思います。



今日は月例大掃除。花壇も夏に強いお花に植え替えました。


横山工藝花壇うえかえ4.jpg

↑よさこい屋スタッフパーカーを着用してます(笑)。
日差しが強く、暑くなるなか、日焼け対策をしつつスタッフも頑張りました〜(^-^)

横山工藝花壇うえかえ2.jpg

鉢植えにはマリーゴールドを。


横山工藝花壇うえかえ3.jpg

前の花壇には、メランポジウム。夏の強い日差しにも負けず、こんもりと大きくなります。

横山工藝花壇うえかえ.jpg


みんながんばったおかげで、綺麗な玄関でお客様をお迎えできます♡

お祭りシーズンが近いため、連日、来社されてのうちあわせも増えております。
みなさんに気持ちよく来ていただけたら嬉しいです。

(来社うちあわせをご希望の方は、事前にご予約くださいませ。リンク先のフォームよりお申し込みください。)

▼ご相談、お見積りフォームから

横山工藝(よさこい屋・太鼓衣装屋ドドーン)のインスタ投稿は、スタッフで順番にあげているのですが、当番を知らせる「インスタくまちゃん」が桃の節句仕様になっていました♡

ひなまつり衣装.jpg




先月は鬼さんだった。その前は着物きてた。

スタッフにつくってもらって、衣装もちなくまちゃんです。


みなさん、楽しいひな祭りを!


▼横山工藝<公式>Instagram

https://www.instagram.com/ykogei/
冬の空もようが続く福井です。
そんな中、弊社の周辺道路では「地震に強いガス管への入替工事」がおこなわれています。

横山工藝ガス管工事.jpg


工事関係者のみなさん、寒い中ごくろうさまです。

今日は午前も午後も、打合せのお客さまが来社。
少々会社もゆれておりますが、そんなことも気にならないほど盛り上がっている様子。

新しい衣装を考える時間って、楽しいですよね。



あ、直接来社されての打合せをご希望のチームさんは、事前に予約をお願いいたします。
お足下の悪い季節になりますが、衣装制作スタッフ一同、笑顔でおまちしております♪




横山工藝シルクスクリーン製版.jpg


創業から40年あまり、ずっと続けている事業が、シルクスクリーン製版です。
先日、シルクスクリーン製版事業部のサイトをリニューアルオープンしました。



みなさんの身近なところだと、上の写真の人のように、Tシャツにプリントするための「版」にシルクスクリーンが使われています。

また、よさこい衣装や太鼓衣装を制作する際、チーム名やイラストをプリントしますが、その場合もシルクスクリーン印刷を使用することが多いです。

よさこい屋や太鼓衣装屋ドドーンが、最低注文数は5着から、追加オーダーは1着からおうけできるのも、自社製版のためプリントのこまわりがきく、という利点があります。みなさんの衣装にプリントした版も、こうして1年間大事に保管しております。(すごい数なので、場所の確保と管理が大変ですが)


いろんな事業をしているので、よく「何やさん?」と聞かれるのですが、そんな疑問にもおこたえするべく、親サイトで整理しました。


それがコチラです。

横山工藝どんな会社.jpg


▼株式会社 横山工藝


横山工藝事業内容.jpg


事業内容は、シルクスクリーン製版、プリント加工、衣装制作です。


そして、それらの事業をもとに展開している運営サイトが、このようになっています。


運営サイト横山工藝.jpg




横山工藝がある「福井県」は、繊維産業が地場産業です。
生地の糸から織、染め、縫製、プリント加工がすべてこの地域で一貫して製作できます。
以前、地元の新聞で掲載された記事に、糸から製品までその土地で生産できるのは福井だけだとかかれていたことがあるので、先人達の力を感じずにはいられません。

ハブの役目でふるさと表彰.jpg

横山工藝が衣装制作をはじめたのは11年前からですが、地の利というか、地場産業の力をひしひしと感じながら新しい仕事にわくわくしたのを覚えています。わからないことは誰かが教えてくれましたし、こういうことがしたい、というと、それならあそこで聞いてごらん、と、快く教えてくださいました。なので、私は衣装のご依頼は、この福井全体でうけている、という意識が強いです。実際、1着の衣装にはたくさんの加工場さんの力が入っています。弊社だけでできる衣装ではありません。(先日、弊社を訪れた方が、衣装制作の工程表をみて、その工程の多さと複雑さに驚いていかれました。)


サイトも整理してきれいになり、また新しいものづくりがうまれそうで、自分達も楽しみです。
また、みなさんのお役にたてる商品を企画・開発していきたいとおもっています。








パターンCADとプロッターが新しくなりました。

よさこい屋太鼓衣装ドドーンCAD.jpg


とくにプロッターはこれまで20年ものを使っていたので(よく働いてくれて感謝!)、作業がスピードアップしてとても嬉しいです。
パターンCADはスタッフがインストラクターさんからみっちり講習うけてます。


来シーズンにむけた衣装のご相談もふえてきているので、早速活躍してくれると思います。
先日、プロのカメラマンさんに撮影をしていただきました。

プリントや製版の現場、生地の裁断風景など、丸1日かけて撮影。

よさこい屋と太鼓衣装屋ドドーン裁断.jpg


上の写真は「裾しぼりパンツ」の生地を裁断しているところ。

これらの写真は、現在リニューアル中の「横山工藝」サイトで使用予定です。


カメラマンさんがとっても気さくな方で、こちらの緊張をほぐしながら上手に撮ってくださいます。
編集者の方からも「年輩の男性社員さんたちもノリノリでしたよ〜♪」とお褒めの言葉をいただきました(笑)。

社内の雰囲気もお伝えできるといいなあ、と思っています。


ちなみに、よさこい屋&太鼓衣装屋ドドーンで大人気の「裾しぼりパンツ」はコチラ↓。
自社企画のオリジナル商品です。
オーダーでつくりますので、生地色やサイズは選べますよ。



6月のとある週末、スタッフ大久保と一緒に「草木染め教室」へいってきました〜。

草木染教室.jpg

普段から染めやプリントに親しんだおしごとをしているくせに、
業務用の流れが多いため、意外にシンプルなことをしらなかったりする...。

なので、手しごとがいちばんいいかな〜と思って、参加してきました。



染めるのは綿ローンのストール。

ストールを染める.jpg


折り畳んで輪ゴムでしばったり、アイスクリームについてくるスプーンを巻き込んだり、染料が入りにくい場所をつくって模様にします。

同じテーブルにいた小学生の女の子は「星形にしたい、星ってどうやってつくればいいの?」。
「星かあ、どうしようか〜」と一緒に悩む大久保。子供はいつでも発想が自由ですね。


私はこういうとき、結構せっかちなので、ガンガン手を動かして作業をすすめてしまいます。
「やってみなくちゃわかんない」派。早く染めてできあがりをみたい!と前のめりになってしまう(苦笑)。


藍染め.jpg


ってことで、早速じゃぽん。

水洗いで定着.jpg

水洗いして、さらに染めて、をくりかえします。

回数が多いほど濃くなるので、紺色のグラデーションはそめる回数の違いで創りだします。


今回は藍染めのほかに、べんがら染めも。


べんがら染め.jpg


半分染めずに残しておいた生地を、今度はべんがらにじゃぽん。

こちらも何度かくり返すのですが、違いは水にさらさないこと。
一旦かわいてから洗いをかけます。

染め終わったら、屋上にでて、かわかします。
染めて干したストール.jpg


いろんな模様ができて、おもしろいですね。
梅雨空の中、藍の色がさわやかにみえます。

屋上からは福井市が一望。見晴らしがいい〜。


会場は、弊社の近所にある「福井市自然史博物館」。
足羽山という、市内中心部の小さな山の上にあるんですよ。

福井市自然史博物館.jpg


教室の窓から外をのぞくと、前庭を綺麗にお掃除中。お散歩コースにもぴったり。

足羽山.jpg


さて、私たちのできあがりは...


スタッフ大久保は藍と紅色のべんがら染め。
輪ゴムとアイスクリームのスプーンをつかって模様をつくりました。

スタッフが染めたストール.jpg


私は輪ゴムをつかって斜めに折り畳みました。
染める回数をかえて、グラデーションをつくりましたよ。

べんがら染めのほうは、からし色。


ストール染め.jpg


原理がいろいろわかったので、
家にある古くなったストールも、染め直してみようかなと思っています。

あ、そうそう、あと...

生藍.jpg

今回ご指導くださった染織家の石川先生が、
植物の藍をわけてくださいました。

会社の片隅にうえましたよ。
毎日大久保が水やりしています(笑)。

他のスタッフからも「染めてみたい〜」という声があがったので、
次回はこの藍が大きくなったら、生の藍で染めをやってみたいと思います。

楽しみだ〜。




リニューアルしたオーダーよさこい屋のTOPバナーをつくるとき、両側の踊り子さんは先に決まっていました。

その間によさこい屋のミッションをメッセージとして入れたかったのですが、PC書体だとどうしても弱く、両側のおふたりに負けてしまうのです。それだけ踊る姿にパワーとエネルギーがあるんだなあと思いつつ、自分で書くことに。


よさこい屋トップ画像のタイトル書.jpg


先日、美大時代からの友人に「まんがも自分で描いたの?」といわれ、『そうそう、コストかからないしね』などと話していたのですが、もちろんコスト削減もあるし、自分で描いたほうが伝わる、という思いもありました。ただ、それだけでなく、やっていると楽しかったのです。


実は、衣装制作の仕事って、学園祭のような気分になります。仕事なのに、楽しんでいいのかしら〜と思いつつ、もちろんプロとしての高い意識はもちながら、みんなで何かをつくりあげる学園祭気分を感じるのです。サイトづくりもそうでした。タイトル書きも、まんが(衣装制作秘話)も、学園祭の準備のようにわくわくしていました。


学生のころ、マガジンハウス(出版社)に勤めていた知り合いが、「朝会社ついたら、学校にきた気分で挨拶しちゃうんだよね」と話していて、そんな風に仕事ができたらいいなあと思っていたけど、私も長い学園祭のようでちょっと嬉しいのです。


きっと、よさこい祭や太鼓のステージに立つ方も、大変こともありながらそんな楽しさがあるのだろうと想像します。そのことにかかわるすべての人が幸せになる仕事。弊社の企業理念でもありますが、それが実現できているようで、この仕事やってよかったな、と思うのです。


長い時間とりくんでいたサイトリニューアルがおわり、学園祭のあとのような気分ですが、お祭りシーズンはこれからが本番!また新たなわくわくが今年もいっぱいありそうで、楽しみです。





横山工藝で毎年25日お昼に開催している、「クリスマスランチ」。
今年もやりました〜♪


横山工藝クリスマスランチ2014.jpg


店長の担当は「鶏の唐揚げ」でした。
塩味と醤油味の2種類を80個くらい準備。これだけの量を一度につくったのははじめてでした。
その他にも、スタッフがスープをつくり、副社がてづくりのシュトーレンとウィンナーパン、そして、クリスマスケーキのフレジェをつくってくれました。他にクレープやさんのケータリング。おかずクレープを頼んだ人や、「水ようかん入り」「羽二重餅入り」といった福井ならではのクレープも...。

ひとつ心残りは、サンタ帽子かぶるの忘れた...。

みんな美味しくいただき、大満足のランチ会。
楽しいクリスマスになりました!









秋も深まり、街路樹の紅葉が美しい日々ですね。

週末は、従姉妹が種から育てている苗を届けてくれたので、花壇のお花をうえかえました。

横山工藝苗2014.jpg

冬越えのパンジーは、雪の下になると春先にとても元気よく咲いてくれます。

ビオラとキンセンカ系のお花もミックスしてありました。
色は私たちの希望で黄色系。

横山工藝ドウダンツツジ2014.jpg

高校生長男もお手伝い。

横山工藝の玄関先にあるドウダンツツジも真っ赤に紅葉しています。

これでまた、気持ちよくみなさんをお迎えできます。




お天気のよいなか、週末は町内の子供神輿でした。
例年、横山工藝の駐車場が休憩所になるのと、今年は子ども会の会長という役になり
手配するものや準備するもので少々忙しくしていました。

子供神輿と法被.jpg


子供達にハッピを配るのですが、
ぱっとみて何サイズかわかる自分に
このときばかりは便利だな〜と(笑)。

しかし、ちっちゃい子のハッピ姿はなんてかわいいのでしょう。
園児もたくさんいたので、思わず笑みがこぼれます。


あちこちから太鼓や笛の音がきこえる一日。
無事に終えてほっとした週末でした。




みなさま、明けましておめでとうございます。
 よさこい屋&太鼓衣装屋ドドーンは、本日より仕事始めでございます。

 今年も玄関先には、「よさこい屋」「ドドーン」の題字を揮毫してくださったSYO家の吉川壽一先生のSYO。
「馬」が9つで『うまくいく』だそうです。なんだかイイ予感のする書ですね。
  うまくいく吉川先生書.jpg


今年はみなさまにとりまして、何事もうまくいく年でありますように。


よさこい屋&ドドーンも、わくわくする予感を抱きながら、みなさまとともに楽しいものづくりをしていきたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。



今日は朝から植木やさんが作業に来ています。

冬支度の雪吊り.jpg

空がグレーで、いかにも北陸の冬の空です。

先週はここ福井でも雪がふりました。
福井市内はつもっていませんが、少しずつ寒さが増しています。

今のところ、よさこい屋&ドドーンスタッフは風邪もひかず
元気いっぱいですよ。

ただいま来年のカタログ制作、追い込み中。
初校があがり、チェックしております。


年が明けたら皆様に発送してまいりますので、どうぞお楽しみに!


▼こちらからもお申し込みできます。
catalogバナー.gif




今年も中学2年生が職場体験にやってきました。
3日間、お仕事ってこんな感じ、と体験します。
弊社にやってきたのは、イラストを描くのが大好きな女子2名。

初日は生地プリントのお手伝いに。
生地プリントの風景.jpg


他にも型紙を切り取ったり、裁断をしたり、
ミシンで簡単な縫い物もしましたよ。


そして、弊社で人気なのが、プリント実習。
インクジェットのTシャツプリントと、シルクスクリーン版を使った
バッグへのプリントを行いました。

シルクスクリーンのプリント実習.jpg

Tシャツの柄は、子ども達があらかじめ用意してきた原稿を
パソコンで取り込み、データを補正、作成してプリント。

シルクスクリーンは版を一からつくると数日かかるので、
あらかじめ弊社で用意していた柄を選んでインクで刷りました。

絵を描いたり、ものづくりが大好きな子たちなので、
飲み込みも早く、上手にプリントできましたよ。


いつもうらやましそうなのが、見学にくる先生達。
「ぼくもつくりたいなあ」
「部活のTシャツもお願いできますか?」などと
聞かれることも多く、今ではいくつかの部活動Tシャツも
おつくりしています(笑)。


子ども達には「仕事って楽しいんだよ」と伝わるといいなあと
思って、職場体験を引き受けています。

最初は緊張していた子ども達でしたが、だんだん表情も明るくなって、
楽しく実習してくれたのが嬉しかったです。

(といっても、慣れないことを3日間するので、疲れたでしょうけど...。)






横山工藝の近所に「愛宕坂(あたござか)」という坂があります。

風情あるその坂で、夜になると和ろうそくでライトアップされる

『灯の回廊』が行われました。



愛宕坂灯の回廊石碑.jpg



週末はあいにく小雨で肌寒い一日。


一瞬行こうかどうしようか迷いましたが、

「夕飯のときにお酒飲みたいから、ごはん前にみてこよう」

というヨコシマな思いで、夕方6時すぎにいってみたら...


これがとってもいい時間!

薄暗い中うかびあがるあかりがとてもきれい。


歩いているうちにだんだん暗さを増していき、

行ったときと帰るころは違う表情を楽しめました。



愛宕坂灯の回廊途中.jpg


雨に濡れた石畳に

ゆれる灯りがうつります。


愛宕坂の途中には、美術館や料亭、お寺などが立ち並んでいます。

この写真の左の建物は福井市橘曙覧記念文学館。

以前このブログに書いた『孔版画家・助田茂蔵展』もここで行われました。


文学館の真向かい(写真右手)には、福井市愛宕坂茶道美術館があります。

こちらもときどき企画展をみにいきます。

お茶もいただけて、ほっとする美術館です。



階段をのぼっていくと、素敵な『横坂』も現れます。

福井市の中心部を一望できます。


愛宕坂横坂.jpg



この行灯(あんどん)に、

ボランティアの人たちが1つずつ灯りをともしていました。

全部で140個もの行灯が、優雅なひとときを味あわせてくれます。



私たちが行った時は、

前日のろうそくとのつけかえ作業が

終わったところでした。


回収してきた和ろうそくの山を見てびっくり。


愛宕坂灯の回廊和ろうそく.jpg


風の強い日は、1本1時間しかもたないときもあるとか。

寒い中、ごくろうさまです...。


この和ろうそく、近くにある

「小大黒屋」さんという

和ろうそくやさんが作っています。


今でも職人さんが手作業でつくられる和ろうそく。


普通のろうそくとは異なり、

蝋の燃える香りが足下から漂いました。


▼和ろうそく【小大黒屋】

http://www.rousokuya.com/




さらに坂をあがっていくと、

虚空蔵寺というお寺があります。

そこに、石碑が。


細井順子碑.jpg



繊維王国「福井」の礎を築いた女性パイオニア、といわれる細井順子さん。


また改めて書きたいと思いますが、

このあたりは繊維の歴史もある場所なのです。


▼参考「歴史のみえる風景:細井順子」

http://okhome.fc2web.com/scene/0107.html



愛宕坂灯の回廊上から.jpg


大人のデート、といったひとたちも...。


「灯の回廊」は期間限定ですが、

弊社におたちよりの際は、

愛宕坂をぜひ散策してみてくださいね。



akarikairou.jpg



▼詳しい情報はコチラ

http://www.city.fukui.lg.jp/d260/kankou/akari-no-kairou/index.html






全国各地で桜が満開ですね。

ここ福井でも満開で、2、3日前から外に出るたびに
「うわ〜キレイ」という声をあげていました。

今日は全国的に荒れ模様のお天気ですが、
その前にちゃんと見てこようと思って
朝から夫とご近所のお花見散歩に行ってまいりました。


まずは足羽川ぞいの堤防に。
約600本、2.2km続く桜のトンネルは「日本さくら名所100選」にも選ばれています。

足羽川堤防桜.jpg


つぎに足羽山にのぼり、山頂の足羽神社へ。

足羽神社天然記念物しだれ桜.jpg

樹齢370年という、天然記念物のしだれ桜があります。

足羽神社しだれ桜.jpg


見事ですね。

足羽山は弊社のすぐそばの小さな山で、
古墳がたくさんあり、風情もよく茶店もあって

この季節うちあわせにいらっしゃるお客さまには
おすすめしています。

ちなみに昨年、タイミングよく東京から
いらしたお客さまを案内した記事がコチラです。

きっと、みなさんの地元でも
桜の名所があるのでしょうね。

いっときの桜を
楽しみたいと思います。


▼足羽神社



横山工藝恒例のお誕生会をしました。
3月うまれのスタッフはこちらのおふたり。

ベテランスタッフで
今年は衣装制作の仕事にも
おおいに関わってもらうので

これからの忙しい時期に、
とっても心強いです。


横山工藝スタッフお誕生会3月.jpg


ケーキがろうそくしか見えていませんが...
美味しくいただきました!











毎年男性陣にあげております、弊社のバレンタインデー。
年齢層が広い我が社ですが、いくつになっても喜んでくれまする。

横山工藝チョコレート.jpg



ここ数年、私が気に入っているもので、小倉山荘の柿の種チョコ。
テトラ型に入っているため、デスクでちょっと食べやすく、見た目も春を感じさせてかわいいのです。
左のお客さま用も準備。


みなさんも素敵なバレンタイン・デーをおすごしください。
よい一日になりますように♡



そして、お昼前に焼きあがったのが、母から社員さんへのバレンタインデー。
中にホワイトチョコとクランベリーがはいった、♡型のお菓子です。

♡型のバレンタインパン.jpg


ちなみに女子分もありますよ。

美味しい笑顔は嬉しいですね〜。今日はお客さまの笑顔もいただきました。

松の内も終わり、近くの笏谷神社で左義長が行われました。弊社の玄関に飾っていたしめ飾りや古い破魔矢、子供が書いたお習字も一緒にもっていきました。


笏谷神社.jpg

小さい頃遊んだすべり台が今でもあります。

とても小さな神社ですが、改めてみると、周囲の木は大変立派なんですね。

「おお、りっぱやのう(←しめ飾りが)。袋はおとましいか?(惜しいか)いらんのならお習字も袋ごといれたらええわ。」と焼いてるおじちゃん達にいわれ、大きな火の中に。

ふと横をみると、アルミにつつまれたさつまいも発見。用意がいいですな(笑)。

ここの神社の名前にもなっている「笏谷(シャクダニ)」は、「笏谷石」が有名で、やわらかく加工しやすい石は福井城の石垣や、神社、また、北前船で全国各地に運ばれた石でした。その石を加工していたの石工の一人が祖父でして...。


笏谷神社と石工.jpg


<右上:昭和52年9月 福井新聞に掲載される祖父>

職人の腕はすごいですね。当時76歳とはおもえない。祖父は94歳まで長生きしました。
祖父がつくった(と聞かされた)笏谷神社の塔の裏に、「昭和四十六年五月吉日 横山杉太郎(←祖父の名前)」とあります。私の両親が結婚したときに奉納したそうです(写真左)。


お参りもすませ、帰ろうとしたら、周囲の落ち葉をはいていたおじちゃんに「今から仕事かあ?」と声をかけられました。
「うん」と返事をして、なんとなく子供の頃にかえったような気分になりました。


▼笏谷石(しゃくだにいし)を訪ねて





横山工藝(よさこい屋&太鼓衣装屋ドドーン)は、本日より仕事始めです。

juichiyoshikawa_mi.jpg

今年はみなさまをお迎えする玄関先に、吉川壽一先生書の紅白「巳」を飾りました。
縁起がよさそうで気に入っております。

朝イチのミーティングで、衣装制作チームの今年の目標についても確認しました。
よりみなさまへの対応力アップのため掲げた目標です。


今年もひとつずつ目の前のことに取組み、スタッフ一同成長して参りたいと思います。

改めまして、本年もどうぞよろしくお願いいたします。



みなさま、あけましておめでとうございます。


横山工藝お正月.jpg

今年も充実した日々をすごせるよう、一日を大切にしていきたいと思う店長です。

新年あけて早々に初詣に行って参りました。

足羽神社へ初詣.jpg

雪がふるなか、おごそかな雰囲気でした。

横でぜんざいと甘酒がふるまわれていましたが、おぜんざいはなくなってしまい...

冷えたからだでそのまま近くの「キルトハウス」さんへ。
今日は夜中からお店をあけて「ぜんざい」をサービスしていますよ〜とお聞きしていたのでした。


初詣のあとにぜんざい.jpg


超美味、体も心もあったまりました。



今年も皆様にとりまして、素晴らしい1年となりますように。
私たちよさこい屋&太鼓衣装屋ドドーンスタッフ一同、みなさまと共に楽しい衣装づくりをしていきたいと思います。

毎年クリスマスの日に行っている、スタッフ持ち寄りのクリスマスランチ会。
今年も開催しました。

横山工藝のサラメシクリスマスランチ.jpg


過去のメニューは、みそ鍋やチーズフォンデュ、クリームシチュー、ちらし寿司など。
今回は「サンドイッチ&ホットサンド」を中心にしたメニューでした。
1時間という昼休み内でやるので、手際のよいメニューに変貌して参りましたよ。
今回は準備も早く、十分食べておしゃべりできたクリスマスでした。

ちなみに、ワタクシ店長の担当はコーンポタージュとサラダ。
生乳100%の牛乳と生クリームを使用し、なかなかうまいと評判でございます(笑)。

女性の参加者が多いので、主婦力が発揮されてもりだくさん。お腹いっぱいになりました。


来年は『サラメシ』に投稿してみようかな(笑)。


みなさまも、素敵なクリスマスを!






先月弊社に職場体験できた中学生2人が、下級生にむけて発表するとの案内を学校から頂き、2人の勇姿を見て参りました。

体験した2年生が一斉に発表するのですが、15班にわかれ、班ごとに来年体験する1年生にむけてプレゼンをします。
1年生は来年体験してみたい、と思っている会社へいった先輩の班にいて、メモをとったり質問をしたりします。

職場体験発表会.jpg


職場体験をうけいれた各企業の方もたくさんみえていて、名簿をみながら移動していました。

横山工藝にきたのは女子2人。
性格も全然違う2人でしたが、発表の仕方も内容も異なっていて、とてもおもしろかったです。
同じ作業をしていても、こんな風に違うんだなあと。




1人は3日間のスケジュールを細かく説明。

職場体験発表会横山工藝.jpg

もう一人は

職場体験発表会横山工藝1.jpg

作業の内容を絵でわかりやすく説明。
私たちは慣れている作業も、大変だったんだね...。


それぞれ質問にもこたえていましたが、印象的だったのが

1年生の『仕事はたのしかったですか?』の質問に
『楽しかったです。』と。


ミッション完了、という気分でした。








先月職場体験で、Tシャツのプリントや生地の裁断を体験した中学生2人から、お礼の手紙が届きました。

中学生職場体験お礼状.jpg


女子中学生2名でしたが、それぞれの個性がとてもおもしろく、彼女達が社会に出た時どんな仕事につくのか楽しみになりました。
手紙にもそれぞれ「らしさ」が出ていて、微笑ましかったです。


緊張もあったでしょうが、「仕事は楽しいよ」と感じてもらえたかな、と。
そして、教えてくれたスタッフや、社長も「せっかくだから楽しいことを...」と一様に言ったあたりが、うちの会社らしいな、と思いました。
私は楽しいのです、仕事が。
多分、これがベースにあるから、続いているんだろうなあと、彼女達をみていて思いました。

楽しい仕事と出会えますように。






横山工藝では、スタッフの誕生会をおこなっておりますが、11月(報告がおくれました)はなんと5人もおりまして...


めでたく60歳の還暦をむかえた工場長を、記念に掲載しておきます(笑)。

横山工藝のお誕生会.jpg


『来年も生きてたらヨロシク!』とロックなコメントを残した工場長です。

お誕生会は意外にもおじさま達に人気でございまして。
もちろん、女子達もケーキにテンションあがります。
というわけで、毎回同じケーキじゃな〜と、ケーキを探す旅に出る店長です。
今回はフルーツてんこもりのタルトと、「高級チョコ使用」とかかれたチョコのロールケーキでした。


年齢層が幅広い弊社ですが、いきいきシニアでお仕事してくださいませ。

横山工藝シルクスクリーン版制作.jpg

お仕事しているところものせておこう。
シルクスクリーンの版をつくっているところです。

さて、糖分補給したので、午後からもがんばります!




週末はお天気がよかったので、花壇や玄関先の手入れをしておりました。

横山工藝秋玄関.jpg

毎年、真っ赤に紅葉してくれるドウダンツツジの下には、「アプリコットデージー』という苗を植えました。

いつも種から育ててわけてくれる従姉妹からの頂きもの。
他にもこんなに。


横山工藝もらった苗.jpg

右下がアプリコットデージー。
最初野菜かと思いました(笑)。

出会ったことのないお花と出会えるので、頂いた苗はわくわくします。
かわいいビオラ達は、すでに植え替えはじめていたパンジーの間に、寄せ植え風にいれました。


これから雪の下になるお花たち。しっかり耐えて、春には綺麗な花をさかせてね〜と楽しみが増えた店長です。
お花とともに、皆様のお越しをお待ちしております!




今日はハロウィンということで、女子スタッフが朝からゴソゴソと...


おみえになったお客さまに、ハロウィンのお菓子をプレゼント。


ハロウィンin横山工藝2.jpg


昼休みの楽屋裏(笑)。


ハロウィンin横山工藝.jpg



出番をまっております(笑)。いやいや、お菓子でくつろぎました。

先日よりうきうき♪な、弊社工場長...理由はコレです。

横山工藝工場長.jpg


今月60歳をむかえるT中工場長、いきなりのスマホデビューです。

朝晩イヤホンをつけながら、鼻歌まじりで出勤&退社。
なんだか嬉しそうなので「ちょっとiPhoneの写真とらせて」といったら、装着してはりきってお仕事してくれました。


横山工藝工場長ぬりこみ.jpg


あ、ちなみに、コチラはプリント用の型をつくっているところです。

新しいおもちゃを手にしたT中工場長、
まさに「NO MUSIC , NO LIFE」♪。



爽やかな秋晴れの日が続いていますね。
最近、弊社の玄関先は、このような感じでマリーゴールドがわんさと咲いております。


マリーゴールド玄関2.jpg

左の写真が、現在の玄関先です。まだまだつぼみもいっぱいついています。

右の写真は、6月のもの。
私の従姉妹が種まきして育てた苗を届けてくれて、植えたときの様子です。


暑い夏をこえても、まだまだ勢いがありますよ。



朝、世話をするたびにパワーをもらっている店長でした。


さきほどプリントのあがりをチェックするため現場にいったら、部屋の一角が....

横山工藝工場長の写真.jpg

工場長T中ギャラリーと化していました(笑)。
現場のスタッフによれば、定期的に作品がいれかわるそうです。


そういえばあの金環日食のときも....

横山工藝工場長2の写真.jpg


被写体をみつけたら、すぐに撮影モード。


もっと詳しくT中工場長を知りたい方は↓コチラをどうぞ。
本日も製版にいそしんでおります。

▼横山工藝 彫師



梅雨空の合間をぬって、週末会社の玄関をキレイにしました。
夏仕様のお花に模様がえです。


横山工藝玄関夏仕様.jpg


正面の花壇は(写真左上)、例年メランポジウムにしています。福井市のはな里さんが、おりこうさんな値段の時に仕入れてくれて、配達してくれました。ワタクシ忙しい時期なので、とっても助かりました。

そして、ハタと気づいたこと。「あれ?たりない....」メランポジウム40個では、鉢に入れる分が全然ない...。
あらら、どうしよ、と副社と話して「マリーゴールドいれる?虫もこないし、色がきれいだし。」と言っていたら次の日玄関に置きミヤゲが。


横山工藝玄関夏仕様2.jpg


写真左が置きミヤゲの花たち。おやあ?神様?いやいや、従姉妹でした。

種から花を育てていて、前回花壇を彩ったパンジーも従姉妹の家からお嫁入りした花達でした。
しかもマリーゴールド、よくおわかりで。あとの花はなんでしょう?わからないまま植えてみました。

副社が「玄関のお花は黄色メイン」と決めているので、それに近い色のものをそろえてくれたよう。

ちなみに写真右ははな里さんが届けてくれたメランポジウム。
一気に玄関が華やかになりました。



日曜日に子供の手もかりて植え替え作業をしていたら、突然カタログをみて訪ねてきてくれたチームさんが来社。

いつもはお休みなのですが、タイミングがよかったです。
お花たちがよんでくれたのでしょうか(笑)。


気分も一新して、きれいなお花達とともに、みなさまのお越しをお待ちしております。


そうそう、はな里さんは普通のお花もありますが、なんといってもキレイなのがブーケ。
こちらのブログでいろんな種類のブーケを紹介されていますよ。全部はな里さんが作られています。
グラスにあしらっていたり、テーブルの上の飾りなどもとてもキレイ。
まるでカタログのようでみていて楽しいです。


▼はな里|ウェディングフラワーとブライダルブーケのこと







前回の金環日食に引き続き、今日の金星の太陽面通過でも夫が撮影に成功しました。


金星の太陽面通過.jpg




お昼12時すぎの撮影です。
ちょんと点がありますね。私も太陽をみてみたのですが、この小さい点は確認できず...一緒にみていたスタッフはこんな感じで「あ〜みえた!」という人も。


金星の太陽面通過を2.jpg


前回の金環日食同様、またしても製版フィルムでみております。
うしろにいるのはハマG専務(チェック柄シャツ)と工場長T中(その左)。ハマG専務のブログは密かに人気なので、コチラからどうぞ
お昼休みの天体ショーでした。

みなさんはご覧になれましたか?




日本の金環日食は1987年の沖縄以来25年ぶり、今回のように広範囲で起きるのは932年ぶりだとか。
私たちも朝から太陽をながめていました。福井はキレイなリングにはなりませんでしたが、夫が部分日食をカメラにおさめました。


金環日食in福井.jpg



私は子供が理科の教材でもらったグラスで、子供と一緒にみていたのですが、夫が手にしていたのは...

金環日食福井.jpg

製版のときに使う遮光フィルムで、出社してきた工場長とともに観測中。そのうちご近所さんも一緒にみておりました。
そのフィルムをカメラにあてて、撮影したのが最初の写真です。


製版フィルム.jpg


左上は版下フィルムです。これを感光乳剤の塗られた型に密着させて露光、水洗すると右のような版ができあがります。
ちなみに写真は、鯉のぼりの型をつくっているところです。


今日は溶接マスクで観察されたり、みなさんの様子がおもしろかったのですが、どうぞ知識のある方がなさってくださいませ。


不思議な体験ができた朝でした。




このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち横山工藝ってこんな会社カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはメディア出演・掲載です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

株式会社 横山工藝
〒918-8051
福井市桃園2-1-40
TEL:0776-36-6720
FAX:0776-36-6750