野の花のうた---孔版画家・助田茂蔵展をみてきました。

孔版画、をご存知ですか?インクが通るところと通らないところがあり、上からスキージ(ゴムのへら)でインクを落として刷る印刷です。私たちの会社でつくっているシルクスクリーン版もこの技法です。それをもっと手軽に行えるのが「ガリ版(謄写版)」。学校の印刷物などでなじみのあった印刷技法です。

助田茂蔵孔版画.jpg

今回は、自身の水彩画と、謄写版でその絵を版画にした、助田茂蔵さんの「野の花のうた」展をみにいってきました。


助田さんとはご縁があり、今回も会場に茂蔵さんの息子さんがいらっしゃいました。

弊社とのご縁はときどき我らが「はまじい専務」がブログにかいているので、こちらをどうぞ。

▼助田シルクスクリーン工房

▼別れの準備-4


展示されている中に、1年間毎日花を描き続けた水彩画がありました。それが一本の巻物になっています。
助田さんのお話では、先に巻物をつくってしまったそうです。そこへ毎日描く。真剣に対峙している姿が伝わってくるのがわかります。野の花の名前が時々かきなおされているのが、ちょっと愛らしい。


はまじい専務のブログにも詳しいですが、水彩画の陰影を十数版という版で重ねて表現しています。
落款すら1版ではありません。濃い、薄い、の2版です。

弊社でつくった書家の吉川壽一先生のTシャツの中でも、「書」を黒1色ではなく、「グレー」と「黒」の2版をつかって墨と書のタッチを表現したものがあります。フルカラープリントの表現力はすごく、インクジェットプリントでなんら問題を感じない昨今ですが、この1色1版の超アナログな重ね塗りの世界に、あいかわらず愛着を感じる自分がいます。インクジェットではこの表現力、深みは出せないよね、でも、正直いいところまできてしまうんだよな、インクジェットならではの表現もあるし...一般的には技法がなんであろうと、たいした問題ではないのかも。そのジレンマを感じること、多々ありです。

でも、作品を目の前にしたら、その違いを人間は感じるものだと思うのです。手が入った厚み、エネルギーの厚み。そういうものを、私は受け取っていたい。


この違い、ちゃんと伝えていないのは私たちかも。そんなことをよく考えるようになりました。


展覧会の1日「多色刷りガリ版実演会」がありました。私は行けなかったのですが、はまじい専務が撮影してきたそう。近くブログにアップすると思うので、またご案内します。


野の花のうた展.jpg


▼福井市橘曙覧記念文学館にて

弊社からお散歩コースでもいける、愛宕坂の途中にあります。










 

太鼓衣装も専門店におまかせ!

:::オリジナル太鼓衣装ドドーン:::



新カタログ「ご注文ガイド」でデザイン自由自在/5着からサイズ組み合わせ自由

:::オーダーよさこい屋:::

「ご注文ガイド」なら、5着からセミオーダー衣装がつくれます!



親店

:::株式会社 横山工藝:::


           
      

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://isho-order.com/mt/mt-tb.cgi/62

このブログ記事について

このページは、太鼓衣装ドドーン・よさこい屋 店長が2012年5月 7日 22:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「町内のお祭りハッピもよさこい屋&太鼓衣装ドドーンへおまかせください。」です。

次のブログ記事は「舞台の背景に大きな幕を使えば、ステージの印象を手軽にかえられます。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

株式会社 横山工藝
〒918-8051
福井市桃園2-1-40
TEL:0776-36-6720
FAX:0776-36-6750