の最近のブログ記事

新作衣装をご紹介します。

踊ら舞華よさこい衣装アオザイ風.jpg

踊ら舞華さん(静岡県)のよさこい衣装です。

とても美しい衣装です。


メインのロング丈ワンピースは、アオザイからイメージをふくらませ、レースの袖と手甲、ボレロをあわせ、新しいスタイルのよさこい衣装ができあがりました。

踊ら舞華さんの衣装をおつくりしたのは、数年ぶり。
その間は、違うよさこいプロデュースの会社さんへ曲をお願いしたときに、衣装もセットで制作して頂いたそう。
今回は、原点にもどりたい、自分達で考えた衣装で、自分達が踊りたいよさこいを披露したい、という想いが強くなり、ふたたび「よさこい屋」にご相談くださいました。

踊ら舞華さんは、以前の衣装もそうでしたが、衣装の形もさることながら、柄に対して「こうしたい」というお気持ちが強くありました。今回も、イメージの元になる「ぼたんの花」や「水流の流れ」など、いろんな写真や振り袖の写真などをおもちくださり、色も「こんな赤」というイメージのタネをおもちくださいました。


こういった衣装の作り方は、形も柄もフルオーダーなので、とても時間がかかりますし、チームさんと私たちのイメージの共有がとても重要になります。

形はパターンをおこして、トワール(仮縫い)をして形づくっていく一方で、柄のほうもイチから作成することになります。


今回の柄は私(店長)が制作したのですが、新曲を聞いて、その歌詞やうけるイメージから、「母の愛」「金銀」「星」「舞い上がる、上へのイメージ」「しっかりした芯がありつつ、やわらかさを表現」という題材が私のなかにうまれ、希望される牡丹の花のモチーフで柄をくみあげていきました。


また、背面には「蝶」もいれたい、とのことで、同じ色調を感じつつ、華やかさをもたせた色あいにしました。



踊ら舞華よさこい衣装2016.jpg


私は、衣装の形や柄をつくるとき、必ず頭の中で、メンバーさん25名全員が衣装を着てステージにたっている姿を想像します。今回も「赤い牡丹」が柄の中心になっていますが、これが体のどのあたりに来たら一番綺麗か、踊りをイメージ(ひざをまげたとき、ひるがえって後ろをむいたとき)させながら考えます。

踊ら舞華よさこいDVD2.jpg


「諏訪湖よさこい」では、特別賞「響」を受賞されたそうです。
おめでとうございます!


踊ら舞華よさこいDVD.jpg

今年の元日、踊ら舞華さんからDVDが届いたのですが、一度私の頭の中で描いた姿とズレがなくて、ほっとしました。柄の位置も、衣装のシルエットも、動いたときの見え方も、想像したとおり。でも私が想像したのは一部分なので、これがみなさんの踊りと構成でひとつの曲としてできあがったときは、もう想像以上で、ただたただ感動をいただくのです。

踊ら舞華さん、ありがとうございました!
たくさんのおやつも、スタッフと頂きます!

そして、衣装制作のやりとりで熱い想いを語ってくださった代表者さんから、「今回の柄がとても素敵だから額装してほしい」と。


せっかくなので、衣装と同じ、織り模様が入った生地(地模様が入っているので、光ります)に柄をレイアウトしなおしてプリントし、額装いたしました。


踊ら舞華よさこい衣装柄作成.jpg

みなさんの心に残る衣装を、つくっていきたいと思います。


諏訪湖よさこいの様子が動画でアップされていますので、ご紹介いたしますね。




踊ら舞華さん、代表者さん、ありがとうございました。
私たちもとても楽しい衣装づくりでした。


これから衣装の制作をお考えのチームさんへ。
今回の踊ら舞華さんのお衣装は、形も柄もすべてフルオーダーです。
昨年のちょうど今頃(2015年1月)からご相談いただき、9月のお祭りに間に合うように制作しました。
うちあわせに時間がかかりますし、柄のやりとりや、仮縫い衣装のやりとりなど、制作にも大変時間がかかります。

よさこい屋では、時間と予算と、衣装のイメージをなるべく折り合いつけて制作できるよう、基本のアイテムをご用意したり、龍や桜柄といったモチーフの素材をあらかじめ用意して、みなさんの負担にならない工夫をしています。ですが、「今回はこんな曲で、こんなイメージの柄で、こんな衣装にしたい、予算も用意したからこだわりたい」というチームさんは、半年から1年かけるつもりでご相談ください。

また、このような作り方のお衣装は、年間おうけできる数が決まっています。夏本番で、その3ヶ月前からうちあわせ、ではフルオーダーは間に合いませんので、どうぞお早めに「こんな衣装をつくりたいと思っている」と、スタッフにお声をかけてくださいませ。

手間も予算もかかりますが、「何年もこの衣装で踊りたい」「私たちの思うとおりの衣装をつくりたい」というお声にも、こたえていきたいと考えています。


踊ら舞華さんは、2007年にも江戸妻風に柄をいれた長半天をおつくしました。そのお衣装は、今でも大切に使われているそうです。

▼踊ら舞華さん 2007年お衣装は↓でご紹介しています
https://www.yosakoiya.jp/works/1373



乱気流さん(神奈川県)からご依頼いただいたのは、旗のデザインと制作で、鳴子をもった踊り子さんたちが宝船にのっている姿を描いてほしいとのこと。
できあがったデザイン&旗がこちらです。

乱気流旗デザイン.jpg


踊り子さんは、実際に乱気流のみなさんをイメージして、イラストレーターが描きあげました。

参考におくって頂いたお写真はコチラです。

乱気流よさこい演舞.jpg

こちらを元に描いた踊り子さんはコチラ↓のみなさんになりました。
イラストはお衣装も同じですし、楽しそうな演舞の様子も伝わってきますね。


乱気流旗デザイン2.jpg


元気をいっぱいもらえそうな旗ですね。


乱気流さん、ありがとうございました!


▼過去におつくりした乱気流さんの旗はコチラでご紹介しています。


酔・舞・心(すいぶしん)さん(福井県)の長半天は、優しい光沢のサテンを使ってフルカラーのプリントをしたよさこい衣装です。


よさこい衣装酔舞心8.jpg

よさこい屋のオリジナル長半天の形を使い、スリットは深め、左袖は和柄を、衿にはゴールドのサテン、そして背中と前身頃にフルカラーのプリントをいれました。柄のうちあわせを何度も行い、明るく爽やかなお衣装になりました。


よさこい衣装酔舞心5.jpg

最高の笑顔ですね!


よさこい衣装酔舞心9.jpg


袖とおそろいの生地でつくったのは、くしゅくしゅの帯。珍しい形ですね。シャーリングなので、幅がかえられていろんな表情が楽しめます。


よさこい衣装酔舞心6.jpg

移動中の踊り子さんたち、おもわずシャッターをきってしまった、という一枚。綺麗ですね。


よさこい衣装酔舞心3.jpg


背景には以前おつくりした鳳凰柄の大旗が舞っています。


よさこい衣装酔舞心2.jpg



今年の夏も、楽しみですね。わくわくしてきました。


よさこい衣装酔舞心1.jpg

決めのポーズで。
オーダーよさこい屋がはじまった当初から、おつきあいをさせて頂いている酔・舞・心さん。衣装にも歴史があります。

酔・舞・心さん、ありがとうございました!


▼歴史ある酔・舞・心さんの衣装はこちらからごらん頂けます

【2005年】

【2006年】(旗)

【2007年】

【2008年】

【2011年】





オーダーよさこい屋は、定期的にWEBサイトで特集ページを組んでいます。
今回はこれからの季節にぴったりの、波柄を特集しました。


ダイジェストでご紹介しますと...

波柄のよさこい太鼓衣装.jpg
波柄の生地や、プリント柄、和柄や大旗のデザインなど、波柄といってもいろんな種類、形がありますね。



衣装和柄生地.jpg

▼豊富な和柄生地のページはコチラ



よさこい屋&太鼓衣装屋ドドーンでは、これからも衣装づくりの参考になるような特集を組んでいきますよ。
どうぞご期待くださいませ!





過去の特集はこちら

▼龍特集
doragontop1.jpg

▼桜特集

よさこい屋の桜衣装特集.jpg


大きな半天、面積のある腰巻き...。柄のご相談をうけると、わくわくする店長です。


明新森組よさこい長半天.jpg


こちらは明新森組さん(福井県)の本染め長半天。菊柄の地模様が入った生地に、背中から袖まで渡って柄が入っています。チームでこだわったベースの緑色は既成の生地にはなかなかない色。どこにいても目立つ色でした。加えて赤、黒、黄色のコントラストが目にも鮮やかで、チームさんが長くテーマにかかげている「祭」らしさがあふれる半天になっています。


富山ダルク太鼓衣装立ち衿半天.jpg


こちらは富山ダルクさん(富山県)の太鼓衣装としておつくりした、立ち衿袖なし半天です。
大きな波柄とチームロゴ、巴のマークをあしらって弊社でデザインしました。背中から前身までまわりこむ大きな柄は、迫力がうまれます。
こちらはフルカラープリントです。


本染めか、フルカラープリントか、あるいはそれ以外のシルクスクリーンプリントがよいか、は、つくられる数量や柄、使いたい色によってかわります。また、サイズが小さなお子様からか、ご予算がどれくらいか、でも変化します。まずはどのような柄にしたいかお聞きした上で、ご提案することが多いです。


色と柄、他チームさんとの違いを出すには結構重要なポイントです。

今年の踊りのテーマや音楽にあわせて、物語を色と柄にのせてみてはいかがでしょうか。
柄の作成もおうけしていますので、よさこい屋&太鼓衣装屋ドドーンにお気軽にご相談くださいませ。


▼深めのスリット、前後に着丈の差がついているよさこい屋オリジナルの長半天はコチラ


▼立ち襟が凛々しくかっこいい袖なし半天はコチラ



高知では桜の開花が宣言されましたね。日本人が大好きな桜、衣装づくりでも人気の高い柄のひとつです。
桜は和柄の生地でもこんな風にたくさんあります。


桜の和柄生地.jpg


「桜」がチーム名に入っているグループもいらっしゃいますね。

例えば、こちらの『奈良市役所チーム八重櫻』さん。八重櫻は奈良市のシンボルだそうで、色も、和柄も、そして2年目に追加した背中のプリントも桜柄をモチーフにされています。

奈良市役所チーム八重櫻さんのよさこい衣装.jpg

和柄は男女でお色違いなんですよ。
素敵な衣装ですね。


よさこい屋のWEBサイトでは、期間限定(2012年3月〜4月)で桜柄の特集ページをUPました。
コチラからごらんいただけます。



よさこい屋の桜衣装特集.jpg

「オーダーよさこい屋の桜柄特集ページ」


ここ福井でも、桜の開花が待ち遠しい店長です。


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは色いろcolorです。

次のカテゴリはシルクスクリーンプリントです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

株式会社 横山工藝
〒918-8051
福井市桃園2-1-40
TEL:0776-36-6720
FAX:0776-36-6750