メディア出演・掲載の最近のブログ記事

今日の福井新聞で紹介されていた記事です。
以前ブログでご紹介した、「和風の衣装でお出迎え http://isho-order.com/blog/media/happiring.html
の衣装ができあがり、それを身にまとったコンシェルジュさんが取材されています。


福井駅コンシェルジュ衣装.jpg


こちらで観光案内を行うコンシェルジュさんの衣装は、福井にゆかりのあるお市の方をモデルに考えられていて、安土桃山時代の小袖をイメージしています。


福井駅の再開発ビル「ハピリン」開業まであと100日だそう。
準備も大変そうですが、明るい衣装&笑顔でお出迎えしてくれるコンシェルジュさんに会えるのも、もうすぐです。

福井駅はぴりん.jpg


おつくりした衣装の生地は、地元の名産品が「紋」になったデザイン。
大きい紋でも2,5cmしかなく、柄がとても細かいので、線の細さを出すのに苦労しました。
何度も試作を重ねて、ようやくできた生地です。


大津屋コンシェルジュ衣装.jpg

衣装の文様をふくめたテキスタイルデザインは、地元の仁愛女子短大の学生さんがてがけました。
それぞれ、ちゃんとモチーフがあってですね...。

衣装の紋を説明.jpg

地元の特産品なんですよ。
とてもユニークです。福井県の形まで紋になってます!

うつっていませんが、他にもお椀(漆器)や稲穂などもあります。
コンシェルジュさんをみかけたら、ぜひ紋も確認してください(笑)。
お声がけしたら、ゆったりした福井弁も聞けますよ。


JR福井駅の再開発ビル『ハピリン』で観光案内を行うコンシェルジュさんが着る和風衣装。
企業、学生コラボでデザインされ、弊社で制作している記事が、福井新聞に掲載されました。



福井新聞掲載よさこい屋横山工藝.jpg


福井にゆかりのある「お市の方(織田信長の妹で柴田勝家の妻)」、安土桃山時代を想起した衣装です。

安土桃山時代というと、小袖の着物が主流。当時の着方を研究しつつも、実際に作業をしても邪魔にならない形を模索しました。

また、お仕事で必要な携帯が入れられるポケットや、形をくずさずワンタッチで着られる工夫も考えました。

このあたりは、よさこい衣装を考えるときと同じです。踊る動きと仕事の動作で、人の動きは違いますが、考えどころは同じです。

地元の名産品(稲や漆器)をモチーフに、生地から制作します。まだ制作途中ですが、できあがった衣装で観光客のみなさんをおむかえできる日が、私たちも楽しみです。




「福井商工会議所さんで、オーダー太鼓衣装屋ドドーンの衣装が展示されておりました。

太鼓衣装ハッピプレス発表.jpg


地区のお祭りハッピや盆踊りの法被とともに、袖なしの半天と袴も展示しておりました。
「こんな太鼓衣装があるんですよ」
「ハッピもこんなに色をつかえるんですよ」
といいたい気持ち満載で。ここで説明したいくらいです。

よさこい屋とドドーンのカタログもご紹介しておりましたよ。


実際の衣装を目にすることはなかなかないでしょうし、
(弊社にいらっしゃると、みなさん興奮気味に「見ていいですか?!」と衣装サンプルに突進されます(笑))
できるだけ一般の方に見て頂きたいな〜と思っておりました。


と、記事でご紹介していた太鼓チームのメンバーさんが、たまたまこちらにお勤めの方で「自分が載っていて、びっくりしましたあ」とお知らせくださいました。「すみません、何度もお写真使わせて頂いて」と恐縮しましたら、「うちも宣伝になっているので、いいんです〜」と嬉しいお言葉。いろんな方から「みたよ〜」と声をかけられるそうです。お役にたてているなら、なによりです。


よさこい衣装ももちろんですが、太鼓の衣装ももっと進化、発展していくだろうな、と思っています。
チームさんとのうちあわせの中で、「なるほど〜、こうしたらいいのか」という発見が多くて、まだ世の中にない形がうまれていくのもどきどきします。

よさこい屋&太鼓衣装屋ドドーンは、衣装づくりにますます情熱をそそぎますよ!








本日の地元福井新聞に、横山工藝が掲載されました。
オーダーよさこい屋と太鼓衣装屋ドドーンの、オリジナル性が高い衣装づくりについて、取材していただきました。


横山工藝福井新聞記事.jpg


衣装を着てお見せしているのは、スタッフ達です。

実は先週、記者の方が取材にいらしてました。

横山工藝製版.jpg


記者の方も、製版の現場をみるのは初めてとのことで、興味深げにみていらっしゃいました。
こちらの写真は広幅の生地へプリントするための、大きな型(版)をつくっているところです。


みなさん、工場をみられると、そのアナログさに驚かれるとともに、楽しそうに見受けられます。

現場の職人、そして繊維産地のここ福井に支えられて、今日も衣装づくりがんばります!





本日の日本経済新聞【北陸版】に、立ち衿半天を着用した「天馬」さんの写真とともに、オーダー太鼓衣装屋ドドーンとよさこい屋が紹介されました。


日本経済新聞横山工藝2.jpg


長年、弊社が繊維染色に携わってきた技術を、ものづくりにいかしているという取材でした。

記者の方には、詳しく取材していただきました。

これをはげみに、オリジナルオーダーの衣装づくりをスタッフ一同がんばります。


▼天馬さんの衣装はコチラでもご紹介しています





このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちメディア出演・掲載カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはデザインです。

次のカテゴリは横山工藝ってこんな会社です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

株式会社 横山工藝
〒918-8051
福井市桃園2-1-40
TEL:0776-36-6720
FAX:0776-36-6750